Autonomic nerves

自律神経とは

自律神経が乱れると、何となく心身がすぐれない、ふらつく、のぼせなどといった不定愁訴の原因にもなります。
放置すると、自律神経失調症、心身症などの心身の病気としてあらわれ、生活や仕事、学業に支障をきたすことがあります。
自律神経の正常なはたらきは、心身の健康の基礎といえます。

自律神経は、生命維持に重要な呼吸や心臓の動き、血液循環、消化吸収などの機能に関わる神経のことをいいます。
この神経は、刻々と変化する内的ストレス、心理・社会的ストレス、身体的ストレスに対し反応し、緊張と弛緩を自動的にコントロールして心身の健康を維持しています。
自律神経は、体の活動時や昼間に活発になる交感神経と、安静時や夜に活発になる副交感神経があり、必要に応じてバランスをとって働くようになっています。

自律神経機能検査

あなた自身の交感神経と副交感神経の反応性とバランスが分かります。
自律神経のバランスが分かることで、体調不良の原因を探ることができます。

両手首にクリップと上腕に血圧計用カフを装着し、座った状態と立ち上がった状態(きりつ)での心電図と血圧を連続測定します。
検査時間は7分ほどで、検査中は交感神経と副交感神経のバランスや反応がリアルタイムにモニターに表示されます。

検査費用

自律神経機能検査
10,000円(税別)

自費検査では、医師による事前相談と結果面談を行います。
事前相談の上、検査を行う場合、行わない場合でも以下の通り検査費とは別途に費用が発生致しますので、ご了承下さい。

  • 検査を受ける方…税抜 3,000円(事前相談料、及び結果面談料)
  • 検査を受けない方…税抜 2,000円(事前相談料)
ページトップへ